アリバイ会社を使えば賃貸契約の審査が通る?仕組み・料金・優良会社の選び方などを解説

このサイトでは、アリバイ会社を利用すれば審査に通りやすいことや、その仕組み・料金・選び方についても説明していて、実際に利用することになった場合に用意してもらえる書類に関しても解説しています。
賃貸契約を結ぶ際には様々な書類が必要になりますが、利用すれば必要な書類までセットで用意してくれますので心配はいりません。
他にも、対応してもらえる職種を解説していますので、利用を検討している場合には基礎知識を身につけましょう。

アリバイ会社を使えば賃貸契約の審査が通る?仕組み・料金・優良会社の選び方などを解説

アリバイ会社を利用することで、無職やアルバイトでも賃貸契約に通りやすくなります。
入居するまでには会社の情報や収入等がチェックされ、在籍証明書や源泉徴収票が必要になります。
これらの書類もアリバイ会社が用意してくれますので、用意された会社に在籍しているように申告すれば良いだけです。
選び方に関して覚えておきたいこととして、優良なアリバイ会社では帝国データバンクに登録されるような会社を用意することもあります。

賃貸契約でアリバイ会社を利用する人が増えている背景

アリバイ会社とは、勤務先や収入・雇用形態などの社会的地位に関する情報を調達するサービスを提供する会社のことです。
典型的なのは賃貸での審査を通過する必要に迫られたときです。
部屋を借りるときにオーナーが重視するのは、定期的に安定した収入を長期的に期待できるのか、という点にあります。
日本では従来より正社員であれば、安定した収入を得ているとのイメージが強いというのが現実です。
就職して正社員の地位にあれば、審査を通過するのもさほど難しいことではありません。
正社員であれば概ね9割以上の確率で審査を通過することができるといわれるほどです。
しかし反面、最近では派遣社員やアルバイトという雇用形態で就業している方も増えてきています。
つまり本人の境遇が賃貸を通過するのが難しい状況にある肩にとって、住まいを確保するのは困難な側面があります。
そこでアリバイ会社を利用することで、審査を通過することも可能になっているため利用者が増えているわけです。

賃貸物件の入居審査でアリバイ会社を使う人はどのくらいいる?

入居したい部屋があるのに、審査の段階でひっかかる恐れがあるからと、賃貸契約の申し込みができないことがあります。
本人の支払い能力に不安がある場合でも親戚等が保証人になってくれれば問題はないというケースもありますが、多くは本人の就業状況を確認するため、正社員でなかったり仕事をしていないと通過できません。
誰にも頼むことができない時や、オーナー側の意向で本人の支払い能力を重視する場合、アリバイ会社を利用するのがお勧めです。
実際にどれくらいの人数の人たちがアリバイ会社を利用しているのかというと、割合としてはかなり増えています。
景気等の動向によって正社員の職につけない人も多い中、それでも賃貸契約を結ばなければならない状況でアリバイ会社を利用するケースが多々あり、周辺で探してみてもすぐに見つかるくらいのレベルです。
需要が増えている分アリバイ会社も増加していて、それぞれのニーズに合ったサービスを提供しています。

アリバイ会社はどのような仕組で賃貸契約のフォローをしているのか

賃貸契約を結びたいのに、収入や勤務先、雇用形態等に不安があって動き出せない時には、アリバイ会社を使う方法もあります。
部屋を借りる時には必ず入居審査が行われており、いくら気に入った部屋があってもこの審査に通らなければ借りることはできません。
取らない理由として家賃の支払い能力に不安があることがもっとも大きいのですが、この点をアリバイ会社で解決できます。
収入に関する部分において安心してもらうために、利用者のために会社を用意してその会社に勤務しているように見せてくれます。
ペーパーカンパニーを利用すると後で知られる恐れがあるのではないかと不安に感じるかもしれませんが、最近では帝国データバンクや東京商工リサーチに登録されているケースもあり、実際に営業している会社も存在しているため、見分けるのは困難です。
そこで証明書も発行してくれて、給与明細や源泉徴収票、在籍証明書等を提出することができ、審査も無事にクリアできます。

賃貸契約のことでアリバイ会社へ相談する際に確認しておく点

賃貸契約を結ぶためにアリバイ会社に相談する場合、どのような会社が用意されるのかをあらかじめ知っておく必要があります。
入居を希望する物件のオーナーによって入居者に求める条件は異なり、その条件に合わせた会社を用意してもらわなければなりません。
ですから、様々なタイプに対応できるようなアリバイ会社が理想であり、サポート内容の詳細についても調べておく必要があります。
基本的にアリバイ会社では書類作成のサポートも行っていて、例えば会社に在籍していることを証明するための書類や源泉徴収票も出してくれます。
それらを出すことで社会的な信用がある人物だと示すことができ、支払い能力にも問題がないと判断されるので、書類の作成は必須です。
他にも、在籍確認に対応しているかは事前に聞いておきましょう。
会社に電話する等の確認は行っていないケースも多いのですが、電話をかけて確かめると言われた場合には在籍確認の対応も必要となります。

アリバイ会社,賃貸に関する情報サイト
アリバイ会社の選び方

このサイトでは、アリバイ会社を利用すれば審査に通りやすいことや、その仕組み・料金・選び方についても説明していて、実際に利用することになった場合に用意してもらえる書類に関しても解説しています。賃貸契約を結ぶ際には様々な書類が必要になりますが、利用すれば必要な書類までセットで用意してくれますので心配はいりません。他にも、対応してもらえる職種を解説していますので、利用を検討している場合には基礎知識を身につけましょう。

Search